2:表と裏の縫い

【お袖】

着物のまえに、まず、お袖を作ります。

このとき、私は必ず、右袖から作るようにしています。

 

一番手間のかかる部分がこのお袖です。

 

袖裏に袖口布をつけます。

鍵付といって角を切らずにコの字型に布をつけます。

こんな感じです。

出来上がった時に袖口から出ている「ふき」はこの袖口布です。

袖口合わせです。

表袖と袖口布をつけた裏の袖口のみ縫い合わせます。

こんな感じです。

次に袖口下から袖底を縫い合わせます。

丸みをしぼります。

表に返してしつけをかけます。

振りを縫います。

縫ったら写真のようにひかえをつくって仕上げをします。

お袖の完成です。

【表見頃】

 

まずは「あげ」を縫います。

仕立てかえをするとき、この「あげ」の分だけ身丈を長くすることができます。

縦縫いをします。

背・脇・衽の5本を縫います。

 

縫ったら「きせ」をかけます。

縫い割らないのが着物です。

 

道行など、上っ張りは縫い割ります。

よかったら見てみてくださいね。

5本の縦縫いができたら、次は

衿つけです。

こんな感じです。

裏も同様に縦縫い→ハギ→衽つけをします。

表を同様に縦縫い後、衿つけをします。

裾合わせをします。

写真は白い布を挟んで上側が裏、下側が表です。

表と裏がつながりました。

表と裏が裾でつながっていますが、

まだ中綴じが入っていないので、こんな感じです。

次は、まとめです。

 

着物仕立てKOTARO

Chikusa-ku  Nagoya, JAPAN

TEL : 090-6766-6758, 10:00-16:00,  Mon-Fri

E-mail : kotaro.kimono@gmail.com

 

 

Links

>>>instagram

>>>Ameba blog

>>>KOTARO:座学で学ぶ和裁

着物仕立てKOTARO

KOTARO:座学で学ぶ和裁

ちくちく和裁教室

生徒さん専用ページ