■仕立てへのこだわり①

和裁士の仕事は、お客様から直接見えない部分が多く、

着物に詳しい方でなければ分からない部分も多いです。

しかし、決して手間をおしんではいけないと思っています。

 

速くてキレイに仕立てて当たり前…と教わってきました。

その教えは、決して手間をはぶくことではなく、無駄をはぶくことでした。

 

仕立てあがった着物を前に、絶対に感動していただきたいと思っています。

袖口のふき
袖口のふき

■お袖

袖口のふきです。

ふきが口下からぐっとでていること、巾が均一であること、内側にビリつきがないことに注意しています。

袖丸
袖丸

袖の丸みです。

きれいな丸をめざします。

袖丸
袖丸
褄型
褄型

■裾

褄型です。

カーブが流れないよう、また左右対称であるように仕上げます。

裾ふき
裾ふき

ふきです。

つむぎは細目、振袖や留袖はふっくらと少し太めにしています。