八千代掛け

「八千代掛け」とは・・・

 

裁ち目なしの祝い着で

赤ちゃんのお宮参りの時、赤ちゃんの背にかける衣装です。

 

表布は大人物の白生地1反を使い

裏布、比翼は別布を用意します。

 

表布の1反はどこも切らず縫い合わせます。

フードがついているよう見える掛け着です。

お宮参りが終わったら、ほどいて染めなどをし着物に仕立てる事ができます。

 

「裁ち目なし一ツ身お祝い着」とはまた別の物になります。