【着物寸法】身丈

着物の「身丈」とは???

女物と男物ではまた違ってくるので

ここでは女物の身丈に限って書きます。

 

 

まず言葉の意味について。。。

単純に「身丈」と言っても、下の2つがあります。

 

衿の付け根から背中心に沿って測る「背身丈」

肩山から脇縫いに沿って測る「肩身丈」

 

単純に「身丈」と言っていますが

そこには暗黙の了解があり

地域によってどちらのことを言っているのかが分かれます。

 

名古屋では「身丈=背身丈」で共通認識となっています。

 

 

 

 

 

身丈寸法はいくつが良いのか???

 

お誂えで、指定がなければ「身丈=身長」となります。

基準がある方は、それ以上に長くしたり、逆に短くしたり、調整します。

 

「身丈=身長」では長いと感じる方も多くいます。

 

着た時に、おはしよりが長い、または上げ直している場合は、

身丈が長いと言えます。

 

 

身丈を決めるポイントは

  • 身長
  • 体の厚み
  • 肩からの実寸
  • お腹やお尻の張り具合
  • 衣紋の抜き具合
  • 手持ちの着物を着て感じを見る
  • 腰ひもの位置
ポイントはありますが
決めるためには、着方が定まっていないと決めずらいので
結局「身丈=身長」となってしまうわけです。
しかし、体の厚み・お腹やお尻の張り具合は十分に考慮する必要があります。
---------------------------------------------------------------------------------------
参考
背身丈=身長
>>>全国的に指定ない場合はこの寸法になります。
着られる身丈の限界
>>>短い物:身長-10cmが限界です。
   長い物:身長+10cmまでぐらいでしょう。
---------------------------------------------------------------------------------------