· 

桜柄小紋着物のお直し

今回の着物は、仕立て上がった物を購入しました。

 

身丈は少し短め、身巾はぴったりです。

裄のみ自分サイズに直します。
裄1尺7寸5分を、1尺8寸に直します。
1尺7寸5分の割り振りは、袖巾9寸、肩巾8寸5分。
ということで、
肩巾8寸5分を、肩巾を9寸にします。
(袖巾はそのままです)

まずはお袖の振りを少し解き、そこから袖付けを出します。

 

私の指にかかっている縫い目が、袖裏の袖付けの縫い目です。

 

これを解いていきます。

表袖の袖付けも解いていきます。。。

お袖が外れました。

 

今回、袖巾9寸と自分サイズですので、このままで行きます。

まず、身八ツ口も解き、肩巾を5分出したところで折りなおします。

折りなおしたら、身八ツ口をくけます。

お袖をつけていきます。

 

まずは、留めです。

 

私の場合ですが、すべての着物に力布を入れています。

留めができたら、袖付けを縫っていきます。

表袖、袖裏と縫い終わったら、最初に開けた振りを閉じて

お直し完了です。

 

今回、シボの多い生地でしたので、

折り跡や縫い跡は、すっかり消えました^^

 

桜が散らないうちに、さっそく着てみたいと思います♪