愛すべき和裁道具

私が愛用している「和裁道具」のご紹介です。

裁ちばさみは、長太郎を愛用。

和裁学校を卒業し、自営業としてお仕事をしていくことを決めた時、

祖母からプレゼントしてもらった物です。

(実は祖母の実家は、刃物問屋なので)

 

卓上くけ台とかけ針は、研修会のときなど、持ち運び用として使っています。

 

小ばさみは、早川印を愛用しています。

こちらは和裁学校時代からの愛用品。

裁ちばさみに限らず、小ばさみも、良い道具は切れ味もよく、手馴染みも良いです。

 

縫い針は、鷹印を愛用しています。

和裁学校時代は、クローバーを使用、

卒業後、クローバーの仕立て屋用を使用、

その後、お世話になっている袋師さんから教えていただき、それ以来、鷹印を愛用しています。

 

指ぬきは、指皮を購入し、自分で作っています。

金属製の物もありますが、皮が一番良いです。

 

ものさしは、和裁学校入学の時に学校指定の物を購入し、使い続けています。

はじめは角が立っていますが、今は馴染んで良い感じです。

何本も持っていますが、あえて、このものさしをいつも使っています。

 

 

 

着物仕立てKOTARO

Chikusa-ku  Nagoya, JAPAN

TEL : 090-6766-6758, 10:00-16:00,  Mon-Fri

E-mail : kotaro.kimono@gmail.com

 

 

Links

>>>instagram

>>>Ameba blog

>>>KOTARO:座学で学ぶ和裁

着物仕立てKOTARO

KOTARO:座学で学ぶ和裁

ちくちく和裁教室

生徒さん専用ページ