· 

自分用着物:雪花絞りの浴衣を着ました。

昨年の11月、和裁教室の生徒さんに誘われ、

人生で初めての「染め体験」へ行ってきました!

 

その時に染めた、「雪花絞りの浴衣」にようやく袖を通すことができました。

繰越5分は、やはりとても良い感じでした。

 

繰越を少なくしてて、今までと同じ量の衣紋を抜くように着ています。

 

浴衣の肩山線が、より背中側へずれるような着姿になります。

 

 

裄は、1尺8寸です。

 

着物でも浴衣でも、同じ寸法で仕立てています。

 

 

今回気になったのは、「褄下丈」です。

 

身長165cm、身丈4尺3寸5分に対して、褄下丈2尺3寸にしました。

 

私には、長すぎました。

 

 

 

歩きやすいのですが、座った時やふとした瞬間に裾が広がり、気になりました。

 

 

 

褄下丈は、「身丈の半分」が一般的です。

 

それよりも、少し長めにする方が多いように思います。

 

私も、半分より少し長めが良いと思っていましたが、

 

長すぎるのは、とても着ていて気になるとこが多いのだと感じました。

 

次回は、褄下丈は少し短く、合褄巾は通しのままで、仕立てて見たいと思います。

 

着物仕立てKOTARO

Chikusa-ku  Nagoya, JAPAN

TEL : 090-6766-6758, 10:00-16:00,  Mon-Fri

E-mail : kotaro.kimono@gmail.com

 

 

Links

>>>instagram

>>>Ameba blog

>>>KOTARO:座学で学ぶ和裁

着物仕立てKOTARO

KOTARO:座学で学ぶ和裁

ちくちく和裁教室

生徒さん専用ページ