· 

着物の寸法:抱き巾について

着物の寸法のなかで、

 

衿合わせ・衿の着崩れに影響する寸法が「抱き巾(だきはば)」です。

 

仕立てのご依頼で、身巾の指定はあっても、

 

抱き巾の寸法まで指定されることは、ほぼありません。

 

上の写真は、抱き巾6寸3分・前巾6寸3分という寸法で仕立ててあります。

 

麻100%の浴衣です。長じゅばんを着て、夏着物としても着ています。

 

 

 

前巾6寸3分は、

 

とても着心地の良い寸法ですが、

 

抱き巾6寸3分は、

 

浴衣として着た時は、少し足りないという感じです。

 

 

 

 

仕立ての基本として、

 

ヒップ100㎝未満の場合、抱き巾は前巾よりも狭くします。(注:考え方・地域によります。)

 

ヒップ100㎝を超えた場合は、「通し」と言って、抱き巾=前巾で仕立てていきます。

 

 

 

 

上の写真の浴衣の場合、

 

「抱き巾を通しで仕立てた」

 

と、言うことになります。

 

 

 

私のヒップは93㎝です。

 

基本からすれば、抱き巾を前巾よりも少し狭く仕立てます。

 

 

 

この浴衣の場合は、

 

「浴衣としても着たいので、抱き巾は広めにほしい」

 

という思いから、「抱き巾通し」の仕立てになりました。

 

 

 

しかし、

 

衿崩れはないものの、脇のたるみが気になります。

 

 

つまりは、抱き巾がすこし足りない、ということになります。

 

 

 

 

 

次回は、着心地の良い抱き巾について更新します。

着物仕立てKOTARO

Chikusa-ku  Nagoya, JAPAN

TEL : 090-6766-6758, 10:00-16:00,  Mon-Fri

E-mail : kotaro.kimono@gmail.com

 

 

Links

>>>instagram

>>>Ameba blog

>>>KOTARO:座学で学ぶ和裁

着物仕立てKOTARO

KOTARO:座学で学ぶ和裁

ちくちく和裁教室

生徒さん専用ページ