着物の寸法:抱き巾について②

前回のブログにて、抱き巾の基本につていお伝えしました。

 

《関連記事》

着物の寸法:抱き巾について

 

 

抱き巾の基本は、

ヒップ寸法から割り出した前巾を基準として、

前巾と同寸で仕立てるか、もしくは、 

前巾よりも狭くしたてるか、という選択になります。

 

今回の着物は、 

抱き巾に合わせて、前巾を広く仕立てた浴衣を紹介します。

 

今一番新しく仕立てた雪花絞りの浴衣です。

抱き巾6寸5分、前巾6寸5分で仕立ててあります。

 

身巾は少し大きいと感じますが、 

抱き巾は、とても良いです。

衿崩れもなく、気になっていた脇のたるみもありません。

 

もう一つ選択しのひとつとして、

抱き巾を6寸5分、前巾を6寸3分、

抱き巾を前巾よりも広く仕立ててることもできます。

 

この仕立て方は、 

基本から外れるので、いろいろな条件が付きます。

 

これについてはまだ自分用は仕立てたことがないので、

記事を書くのは、仕立ててからとします。

 

《関連記事》

着物寸法:抱き巾

着物寸法:抱き巾について

着物を仕立てに必要な20の寸法