小千谷縮を着て、お稽古へ出かけました。


「稽古と練習の違い」とは、何でしょうか。

その違いは、目的でした。


お稽古の目的は、
「自分の中心を捉えること」

練習の目的は、
「目標達成」

自分の中心を捉えることは、
きっと本質を磨くこと。

本質を磨く工程が、
私にとっては着物でした。

どんなことに魅せられて
突き詰めていったとしても、
きっと同じ答えに繋がる…

今日は、
そんなお話でした^ ^

お稽古では、
いつも先生がたくさんのお話をしてくださいます。

自分の中心が捉えられるよう、
頑張ります。

謙虚さと情熱…かな。


この日の着物は、小千谷縮。

麻の着物は、夏着物として着られます。
この日も、長襦袢を着て、夏着物として着ました。

袖丈1尺3寸
繰越7分