着物でお抹茶のお稽古、細々と続けています。


月に2回、
着物を着てお稽古へ出かけています。

「お茶の時の着物は、
どんな寸法がいいですか?」

と聞かれたことが、
気になり、お抹茶を習い始めました。


初めは、着物を着ることもままならず、
気が進まない時もありましたが、
今は、茶道自体がとても楽しく感じています。

お点前を覚えること、
お道具を拝見すること、
先生のお話を聞くこと、

全てがとても楽しいと感じています。


毎回、着物でお稽古へ出かけるようにしています。

席入りから、
お点前から、
お運びから、

着物の寸法も確認したいですが、
着物の着方も大切で、
所作も大切であると、

体感しているところです。


この日の着物は、
袖丈1尺3寸、繰越5分です。

前身頃をグッと、
深く合わせて着ました。

とても良い感じです。