反物が『着物』になるまで

 

着物は、反物を着物の形に仕立て上げ、それを着て初めて『着物=着る物』になります。

「自分で仕立てて、自分で着て出かける」をテーマに写真や記事を載せていきます。

ここはすべて私物の反物で、各月、こんな装いがいいかな?と思いながら写真を載せています。

『着物』になるまでをお楽しみいただければと思います。

反物の写真は、これから仕立てる物です。

『着物』になるまで、しばらくお待ちください。

 

 

2月:縞小紋着物

 

数年前に購入した反物です。

縞模様は粋な着こなしになります。

私に似合うのか・・・とも思いながら、この縞は好き!、と思い購入したことを覚えています^^;

 

・反物 斎藤三才デザイン

  参考HP>>>株式会社三才 キモノ三才

 

・仕立て寸法>>>縞小紋着物仕立て寸法 

 

2018.02.28 

仕立て上がりました。

2018.03.07

和裁教室講師にて着用

     >>>blog「縞小紋着物を着てみました」

 

【2月:ダイヤドット柄の小紋着物】

 

京都の染め屋さんに染めていただきました。

 

仕立てているところの写真はありませんが、

今月仕立て上がったばかりの着物です。

早速、お茶のお稽古へ着ていき、寸法などの確認をしました。

 

・反物 カラーズ京都

 

・仕立て寸法>>>ダイヤドット柄の小紋着物

 

2018.02.27

お茶のお稽古にて着用

   >>>blog「ダイヤドット柄の小紋着物を着てみました」

 

 

3月:桜柄小紋着物

今回は柄がとっても私好みだったので

新品の仕立て上がり品を購入しました。

裄が短いので、裄を直し、着たいと思います。

 

 ・着物 蝉丸さんにて仕立て上がり品を購入

 

・仕立て寸法>>>桜柄小紋着物

 

2018.03.28

裄を自分寸法に直しました。

  >>>blog「桜柄小紋着物のお直し」 

 

2018.03.29

着心地確認のため着用しました。

  >>>blog「桜柄小紋着物を着てみました」

4月:箔市松の付下げ

 

手持ちの白生地を、明るい鶸色に染めてもらい、金箔加工していただきました。

「箔市松」と柄名がついています。

4月は入学式シーズンですね。

まだ少し先ですが、長男の入学式用にと用意しているものです。

 

反物 絹100%

加工 知田和呉服店にて

7月:麻のぼかし着物

盛夏になり夏着物解禁ですね^^

写真左側が私です。

 

着物情報

着物は麻の反物を私好みの色に染めていただきました。(知田和呉服店さんにて)

麻100%ですが、こちらの生地は洗ってもほぼ縮みませんでした。

帯は芭蕉布風の夏帯です。

 

8月:雪花絞りの浴衣

 

雪花絞り体験で染めた反物です。

初めて染めましたが、自画自賛しちゃうほどの出来映えです^^

満足度100%以上の感動体験でした。

 

生地 綿100%・縦絽

8月:雪花絞りのこども浴衣

 

2回目の雪花絞り体験へ行ってきました。

今回も大大大感動!

こちらの反物は友人の子どもへプレゼントする予定です^^

子ども用浴衣を仕立てます。

11月:朱色の紬着物

 

初めてリサイクル品を購入しました。

生地も色もよく、グラデーションがとっても素敵です。

高島屋のタグが付いていたので良い物だと思います。

洗い張り出した後の状態です。

 

反物 絹100%

 

12月:結城紬

 

もお何年前になるでしょう・・・

夫用にと用意している反物です。

夫と私と2枚分の着物が作れるだけの丈があります。

夫の着物と羽織を仕立てるか、

夫と私の着物を仕立てるか、

今だ悩み中です。