※動画は限定公開です。共有は禁止とさせていただきます。

【丸みの絞り方】

 

浴衣、単着物、袷着物、丸みの絞り方はすべて同じ手順です。

 

ポイントは3つ

①丸みにキセはかからない

②絞る糸は2本どり

③縫いは細かめに


①丸みの印をつけます。

 

今回、子供物祝着の長じゅばんを使用しました。

いつもと少し手順が違いますが、丸みを絞るところは同じです。

 

※手順の違い

通常

1.袖の印付け

2.袖口下→丸み→袖底の縫い

3.丸みを絞る

今回

1.袖口下→袖底の縫い

2.丸みの縫い→丸みを絞る

 

□印をつけるときの注意事項

袖底の縫いから1分、袖口下の縫いから5厘浮かせる。(丸みにはキセを付けないため)

②待ち針を打って、縫う

 

待ち針を写真のように打ちます。

今回は、2寸1分の丸みを使用しました。

通常、5分の丸みの場合は、待ち針は3本程度で良いと思います。

丸みの印に沿って、細かめに縫います。

丸みの始まりと終わりは、返し針をします。

③丸みを絞るための縫いをする

 

出来上がりの丸みよりも、少し離れたところに、

絞るようの縫いをします。

 

糸は2本どり、縫いはじめの返し針は必要ありません。

 

右の写真は見えにくいですが、

丸みと絞るようの縫いがしてあります。

□ポイント

丸みを絞るための縫いは、最後向こう側へ針を出しておきます。

縫った糸を引っ張って丸みを絞るため、向こう側へ出したらそのままにしておいてください。

④丸みを絞ります。

 

丸みの型を縫ったところに当て、両端を文鎮などで押さえます。

③で縫った糸を引っ張ると、丸みが絞れます。

絞った状態で、玉止めをしてください。

 

玉止めは、私は3回しています。

玉止めをしたら、2本どりの糸の1本のみを切ります。

⑤丸みにコテを当てます。

 

絞った布を縮ませるイメージでコテを当てます。

縫い代もここで重ならないよう少しずらしながら、綺麗にたたんでコテを当てます。

 

縫い代は、丸みを絞った糸の続きで止めておいてください。

⑥表に返して仕上げをします。

 

丸みがプカプカと浮いて仕上げがしにくい場合は、

写真のように待ち針を使い、仕上げをしていきます。

表から仕上げをするので、当て布を使うのが無難です。

⑦こんな感じで仕上がれば、完成です。

 

□ポイント⑴

今回ポリエルテル100%の生地を使用しました。

ポリエステルは温度差でコテが決まります。

中温程度でコテを当て、文鎮で一気に冷やすと、決まります。

 

□ポイント⑵

写真は後袖です。

動画を見ていただくと、表袖に縫い代が響いています。

袷のお袖で、特に長じゅばんで見られますが、

このような場合、響かないよう対策があります。