【基本のなみ縫い】

 

和裁の基本は「なみ縫い」にあります。

 

①針の持ち方

②手の動かし方

③左手の位置

 

以上に気を付けて、練習してみましょう。

 


【準備】

①縫うところに線を書きます。

 

練習用の布を「運針布(うんしんふ)」と言います。

運針布にシャープペンなどで線を書きます。

着物を縫うときは、消えるチャコなど、跡が残らない物をお勧めします。

②指ぬきの付ける位置を確認します。

利き手の中指、写真の位置に付けます。

③針の持ち方を確認します。

 

1.針の頭が、中指の写真のあたりに当たるようにします。

2.針先を、親指と人差し指ではさみます。

無理のない程度に、写真のような形を作ってみてください。

【運針方法】

①まず2,3針、写真のように針を通します。

通ったら、運針の持ち方をします。

②指の動かし方

1.親指で針が進む方向へ、方向付けをしてあげます。

2.指ぬきが付いている中指で、針を押します。

☞こちらの写真の場合は、

1.人差し指で針先がこちら側へ向くように、方向付けをします。

2.中指で、針を押します。

③左手の位置

左手の親指が、今から縫っていく線の先にあることがポイントです。

右手と左手を、どのくらい離すかは、縫いやすい距離で大丈夫です。

 

④ある程度縫えたら、写真のように針を抜きます。

抜いたら、糸しごきをします。

⑤途中から縫うときも、はじめは2、3針、針を通してから、縫います。

⑥かけ針は、写真の矢印の先にかけます。

かけ針と左手で布を張って、待ち針を打つ時などに使います。

⑦針目の目安は、1寸に10目程度です。

はじめは針目よりも、まっすぐ縫うことが大切です。

運針布の表側と裏側で、針目が大小目にならないように気をつけます。