着物寸法の割り出し方【女物】

・身丈=身長

   

 

・裄:実寸を測ります。

 

 

・袖巾:(裄÷2)+5分


 

・肩巾:裄-袖巾

     

 

・袖丈:標準は1尺3寸

※身長の3分の1

 

     

・袖付け:標準は6寸

※5寸5分も一般的です。

※長じゅばんがある場合は、長じゅばんよりも長くします。

※長じゅばんよりも、通常2分長くします。

※前後付け違い、という方法もあります。

 

     

・見八ツ口:標準は4寸

※3寸5分も一般的です。

 

     

・袖丸: 標準は5分

※袖丈・好みにより変える

※目安は、1尺3寸:5分、 1尺5寸:8分、1尺8寸:2寸(袖丈:丸み)

 

     

・前巾:後巾-1寸5分(ヒップ100㎝まで)

    後巾-1寸(ヒップ100㎝以上)

※特殊ですが、前後同寸という方法もあります。

 

     

・後巾:(ヒップ÷4)+2㎝+4㎝

※体型により増減してください。(尺=㎝×2.64)

※肩巾-後巾が8分以内であることが理想です。(生地によっては1寸以内でも可)

 

     

・抱き巾(だきはば):(バスト÷4)+2㎝

※抱き巾をつける場合は、前巾±3分が限度です。

※ここで注意したいことは、剣先(けんさき)での縫い代が1寸5分以上になっていることです。(衿付けができなくなります。) 

 

     

・衽巾(おくみはば):標準は4寸

※ヒップ100㎝以上の場合は、4寸1分

※ヒップ105㎝以上の場合は、4寸2分

※衽巾は最大4寸3分まで可能です。それ以上は身巾とのバランスや反物巾によります。

 

     

・合褄巾(あいづまはば):標準は3寸7分

※衽巾-3分が標準になっています。

※ヒップ100㎝以上の場合は、合褄巾は付けません。(基本)

 

     

・褄下丈(つましたたけ):標準は身丈÷2

     

 

・衽下がり(おくみさがり):標準は肩山から6寸

※身長150㎝以下の場合は、肩山から5寸5分ぐらい

     

 

・肩開き(かたあき):標準は2寸3分

※(首回り÷4)+0.5㎝

尺=㎝×2.64

     

 

・繰越(くりこし):標準は7分

     

 

・衿巾:広衿は3寸、バリ衿は衿肩まわり1寸5分・剣先1寸7分・衿先2寸 

 

 

さらに詳しく学びたい方はこちら

——————————

着物の寸法講座
https://kotaro-kimono.org/sunpo-class/

——————————

着物寸法の基本をお伝えし、どんな寸法で、どんな仕立てをすると、どんな着姿になるのか、学べます。