【子ども物 肩上げの方法】

 

2歳から5歳ぐらいまでの子ども物は、

「二重上げ」が必要な場合が多く、

その方法も一緒にお伝えします。


①事前準備と待ち針うち

 

1.着用する子どもの裄を測ります。

2.着用する着物の裄を測ります。

3.子どもの裄と着物の裄の差を計算します。

 

今回の場合、4寸短くします。

 

写真は、衿付け側から2寸の位置で待ち針をうち、

袖付け側からいくつの位置になっているのか測ったところです。

 

袖付け側から2寸7分の位置に待ち針があることが分かります。

待ち針をうつ位置は、今回の場合、

肩山:袖付け側から2寸7分

後の袖付け位置:袖付け側から2寸9分(肩山よりも2分足します。)

前の袖付け位置:袖付け側から2寸5分(肩山よりも2分減らします。)

 

肩上げをする範囲は、

後の袖付け留まりから、前の袖付け留まりまでです。


②待ち針うち

 

①の待ち針は、肩上げの山になる部分です。

②では、縫う位置に待ち針うちます。

 

今回の場合、4寸短くするので、半分の2寸をつまむことになります。

 

①でうった肩山の待ち針を山にして、山から2寸の位置に待ち針をうちます。(写真:2寸を測って待ち針をうつところです。)

肩山:2寸

後の袖付け位置:2寸

前の袖付け位置:1寸

 

肩山から後側は、2寸(肩山と同寸)つまみます。

肩山から前側は、前の袖付け位置で1寸(肩山の半分)になるように、斜めにつまみます。

 

写真2枚目のように、待ち針をうちます。


③縫い

 

糸は、着物の色に合わせます。

2本どり、二目落としで縫います。

 

写真のように、一針目は返し針をし、その糸で、次の待ち針ほうへもっていき、糸を張って、その糸に添って待ち針をうちます。

(動画の方が分かりやすいです^^;)

 

待ち針をうったら、二目落としで肩山まで縫います。


④縫いのつづき

 

縫いは、袖付け位置から肩山まで、肩山から反対側の袖付け位置まで、

と分けて縫います。

待ち針も、その都度うちます。

 

写真は、前の袖付け位置に待ち針をうつところです。

 

写真2枚目のように、糸を張り、間に待ち針をうち、二目落としで縫い進めます。

 

 


⑤完成をイメージしながら、縫いましょう。

 

表面は、写真2枚目のようになります。


⑥二重上げについて

 

写真のように2寸つまんでみると、

袖付けから肩上げの山がとびだしています。

 

肩上げは、袖付けから飛び出さない方が綺麗に着られるので、

もう一度、肩上げの内側でつまみます。

 

これが二重上げです。


⑦二重上げ

 

内側でつまむので、仕上がったときに肩上げから見えないようにします。

 

肩山あたりを中心に、前後5分ずつぐらいつまんであれば大丈夫です。

 

写真2枚目が、二重上げをしたところです。

 


⑧二重上げは飛び出さず、綺麗な着姿になります。