※動画は限定公開です。共有は禁止とさせていただきます。

【袖底の袋縫い】

 

単着物・浴衣のお袖の時、袖底の縫い代の処理は袋縫いをすることで、

綺麗になります。

単の長じゅばんなどでも、同様です。

 

ポイントは3つ

1.最初は外表で縫う

2.まち針とまち針の間を縫う

3.切込みを入れる


①右手側に袖口側、左手側に袖付け側が来るように置きます。

 

お袖に糸印がついていると思います。

糸印のついている方が、袖付け側になります。

左手側にもって来てください。

 

この時の注意点は、

・外表になっていること。

・袖口側の耳がそろっていること。

(袖付け柄の耳は、多少ずれていても構いません。)

 

次に待ち針を打ちます。

 

1本目は、袖口側の耳から「丸み+1寸」

2本目は、袖口側の耳から「袖巾+2分」

 

この2本のまち針の間を縫います。

②縫う位置は、断ち切りから2分の深さです。

 

最初と最後は、返し針をします。

 

針目は、少し粗目でもよいでしょう。

 

(粗目とは、1寸に6目~8目ぐらいです。)

③かけ針の位置は、縫いの延長にあります。

 

左手とかけ針で布をピンと張り、この状態でまち針を打ったりします。

④縫い終わったら確認です。

 

・右側に袖口側が来ていること。

・まち針打ちがあっていたか、再度確認します。

⑤切り込みを入れます。

 

切る場所は、縫いの両サイドです。

 

玉止めを切ってしまわないように注意します。

⑥縫い割ります。

 

はじめは指で軽く押さえてあげると、綺麗に縫い割ることができます。

⑦指で押さえた後に、コテできっちりと押さえます。

 

ここまで、外表の状態です。

 

コテで押さえたら、裏に返します。

⑧裏に返したら、裏からもコテを当てます。

 

これで、袖底の袋縫いが完了です。

 

この後、お袖の印付けに入ります。